高脂血症と悪玉(LDL)コレステロールを下げる方法とサプリメント

高脂血症にならないために心がけること

高脂血症とは、血液中の資質が多すぎる病気のことを言います。血液中にコレステロールや中性脂肪が多すぎることです。最近は高脂血症のことを脂質異常症と名前が変更されました。この病気の怖いところははっきりわかる自覚症状がないため症状だけで早期発見することが難しいことです。この高脂血症を進行させてしまうと、増えてしまった脂質がどんどん血管の内側にたまっていき、知らないうちに体の欠陥が傷ついてしまい、動脈硬化を引き起こす恐れがあります。自覚症状がないため定期的に病院で健康診断を受けることが大切です。高脂血症や高血圧などの症状が一度に複数出てしまうとメタボリックシンドロームとなりますので、メタボリックシンドロームにならないためにも早めに高脂血症を予防対策する必要があります。原因として考えられるのは、食生活が大きく影響していると考えられます。動物性脂肪の多い高カロリー食などは、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし過酸化脂質を増加させてしまいます。喫煙や運動不足、アルコールなどの生活スタイルを見直し改善することが大切です。特に、食生活の改善は欠かせないものですから、ミネラルやビタミン、食物繊維などをバランスよく取って栄養を補給するように心がけましょう。このように少しずつ高脂血症の原因となる生活習慣を改善することで予防することができます。

高脂血症になったら食事に気を付ける

高脂血症はそれほど症状が現れないのですが、この病気は高血圧や動脈硬化と深く関わっているので脳梗塞や心筋梗塞を招く恐れがあります。
脳梗塞や心筋梗塞はとても恐ろしい病気なのでそれを防ぐためにも高脂血症にならないように気を付ける必要がありますが、そのためにも食事に気を付ける必要があります。
また高脂血症になってしまった場合でも食事に気を付ければ重い病気になることを防ぐことが出来るので、そのためにもどのような食べ物を食べるのが良いかを真剣に考えることが大切です。
ただ食事に気を付けると言っても特別なものを食べる必要はなく、栄養のバランスを考えて3食きちんとご飯を食べると言うことが重要になってきます。
肉が好きだからと言って毎日肉を食べているとコレステロール値が上がり大変なことになりますし、野菜は嫌いだからと言って食べないのも体に悪いです。
ですから栄養のバランスを考えてどのような食べ物を食べるのが良いかをしっかりと考える必要があります。
今では高脂血症になってしまった人のための食事に関してのことが書かれているサイトがあるので、そのようなサイトを参考にして食事を作ると言う方法もあります。
兎に角色々な情報を集めてどのような食事を取れば良いかを考えた方が良いです。

高脂血症とコレステロールについて

高脂血症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が過剰にある疾患のことです。
善玉と呼ばれる、HDLコレステロールと、悪玉と呼ばれる、LDLコレステロールがありますが、これらは、一般的には、高脂血症の状態では、LDLの値が高く、HDLの値が低い状態になっていることが多いです。
高脂血症を放置してしまうと、血管の中にコレステロールが蓄積し、動脈硬化の原因となり、さらには、心筋梗塞や脳梗塞などのさまざまな重大な病気を引き起こしてしまいます。そのため、食生活などの生活習慣に気を付けながら、できるだけその値を基準値になるようにすることが大切です。コレステロールは体内で、ホルモンを作るための原料となったり、重要な役割を果たしているものなので、その値が下がりすぎることも問題になります。
しかし、生活習慣に注意していたとしても、その値が下がらないことも多いです。例えば、家族性の高コレステロール血症と呼ばれるものは、遺伝的にコレステロールの値が高く、薬剤を服用する必要があることもあります。その場合は、決められた用法、用量で薬剤を服用するようにします。また、二次性の高脂血症といって、別の病気や薬剤が原因となって高脂血症になることもあるため、その場合は、原因となる疾患を治療したり、薬剤を変更したりする必要があります。

悪玉コレステロールを下げる食品と具体的な改善策

悪玉コレステロールの値を下げるには、血管を詰まらせる確率が低いものを選ぶ姿勢が大事です。過剰な悪玉コレステロールが体内に流れてしまうことで、結果的に動脈硬化へとつながるリスクが生まれていくのです。現代の食生活は豊富な食事が多いことから、栄養バランスに気を付ける効果が大事になってきます。健康診断でもコレステロールの値が基準に達しているかを気にする傾向にあるため、悪玉を下げる食品を積極的に摂取する取り組みが大事になるわけです。こってりした油が多い料理が好きである方は、健康的なライフスタイルを目指して全体的な摂取量を減らしてみる姿勢が重要なのです。脂身を意識した肉や魚または大豆製品を食生活に取り込むことで、最終的に悪玉コレステロールを下げる方向にもなっていきます。日々の行動を継続的に実行していければ、全体的な内容に前向きな見解が出ていき、結果的に悪玉コレステロールを下げる実感が生まれていくのです。
以上の事柄をしっかり見ていくことで、食事と運動のバランスを意識した計画性のある食生活が過ごせるようになっていきます。脂肪酸のこれからに着目していくことは、未来を完璧に近い状態へと近づける方向になるわけです。

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いとは

体にとって悪い影響を与える印象があるコレステロールですが、生命活動に必要とされる栄養素である脂質の一種です。コレステロールを多く含む物ばかり食べていると、血液がドロドロになり動脈硬化になる可能性が高くなるため、体に不要な成分だというイメージが付いてしまいました。しかし、コレステロールは2つの働きを担っていて、活動の違いによって悪玉コレステロールと善玉コレステロールに分けられています。
悪玉コレステロールは低比重リポタンパク質といって、血管を通って肝臓から作られたコレステロールを全身に運んでいきます。善玉コレステロールは高比重リポタンパク質になり、血液中にある余分なコレステロールを回収して肝臓に戻す働きをしています。供給と回収のバランスが取れている時は、生命活動が円滑に進み健康が維持できるのですが、コレステロールの摂取量が多くなってくると悪玉コレステロールが増えてしまい、善玉コレステロールの働きが間に合わなくなるため、血管内にコレステロールが蓄積して血液を流れにくくしたり、血栓を作って血流をせき止めたりします。悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスを取るには、食生活の改善や運動不足の解消が効果的で、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防につながります。

家族で運動してコレステロールの問題に打ち勝つ

コレステロールに対して抱いている問題事は指をくわえているままで解決するような事柄でなくて、抜本的な改善策を打ち出してから実行に移して途中経過を観察するのが重要です。運動を取り入れた方法を主に行うことを定めたなら、家族が総出で課題に目を向ける姿勢が功を奏することを肝に銘じましょう。集団で成し遂げられることは複数ありますが、その一方で単独で行動を起こした結果として最大限の効果が生まれるものはあまり多くないのが現実です。計画を立てる段階で話し合うことによって衝突が起こる可能性は拭えませんが、意見がぶつかるということは当事者の誰もが真剣に考えているとも言えます。妙案は論争から産まれる確率は高いという事実を経験していれば先に進めますが、前例となる物事に直面していなければ困惑するのが関の山です。しかしながら、家族で一つの目標に向かっていくのであれば避けては通れない道であると考えましょう。可能な限り出された意見は記録すると後々にアイデアを混ぜ合わせて改良を加えることが可能であるために、面倒くさいなどと感じないで取り組む頑張りが必要です。体を動かす草案が決まったならば、計画性を持って家族で目的達成に向かいます。

 

コレステロールが気になるという方はこちらのDHAサプリを参考にしてみると良いのではないでしょうか。